カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
セレクトショップ・ティータイムギフト本店 (TTG)

送料は全国一律600 円  (ご購入金額が1万円以上の場合無料。産地直送は別です)クレジットカード モバイルエディ決済Eバンク決済ウェプマネー決済

あんしんクレジットカード決済システム 
ティータイムギフトは楽天さんや、Becomeの花山(かざん)さん、アマゾン浮世絵の三幸さんには出品しておりません。  ・・・ハニカミくん

電話 049-253-3597  でもご注文承ります。 

お問い合わせメールは kozan@teatimegift.comですが、セキュリティソフトが強く、届かない場合がございます。その場合、hanatea007@yahoo.co.jp でお願い致します。

庄兵衛・鉄燗鍋「さくら」+螺鈿蓋つき  ・・・お酒が美味・新生活・誕生日・母の日・父の日・お祝い

喜多庄兵衛作「鉄燗鍋(かんなべ)コレクション」

夏は冷たく、冬あたたかくお酒が美味しくなるおもてなし
こちらの商品は蓋(ふた)が二枚となります。
細密な螺鈿(らでん)を施した漆塗りの替え蓋をプラスいたしました。日本古来の文様を華やかに配し、鉄蓋ととり替えるだけで違った雰囲気となります。


庄兵衛・鉄燗鍋「さくら」螺鈿蓋つき  ・・・お酒が美味・新生活・誕生日・母の日・父の日・お祝い
庄兵衛・鉄燗鍋「さくら」 螺鈿(らでん)細工蓋つき
サイズ・約140×約110×高さ168 弦(取っ手)を下げますと70
重さ1140g、容量200ml、素材・鉄、蓋素材・木 貝螺鈿入り
税抜き価格34000円

燗鍋とは、懐石で使われる酒を注ぐお道具ですが、金属の保温性、保冷性を活かし、冬はあたたかく、夏はつめたく、おもてなしの気持ちをテーブルに咲かせる粋な酒主としてお使いいただきたい鉄製の燗鍋コレクションです。

庄兵衛・鉄燗鍋「さくら」+螺鈿蓋つき  ・・・お酒が美味・新生活・誕生日・母の日・父の日・お祝い

メーカー:釜師・喜多庄兵衛
型番:26501L
価格:

37,400円 (税込)

[ポイント還元 374ポイント~]
購入数: セット
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

■ 商品説明

夏は冷たく、冬あたたかくお酒が美味しくなるおもてなし。螺鈿細工の蓋も

■ 商品仕様

製品名庄兵衛・鉄燗鍋「さくら」+螺鈿蓋つき  ・・・お酒が美味
型番26501L
メーカー釜師・喜多庄兵衛

庄兵衛・鉄燗鍋「さくら」螺鈿蓋つき  ・・・お酒が美味・新生活・誕生日・母の日・父の日・お祝い
庄兵衛・鉄燗鍋「さくら」 螺鈿(らでん)細工蓋つき
サイズ・約140×約110×高さ168 弦(取っ手)を下げますと70
重さ1140g、容量200ml、素材・鉄、蓋素材・木 貝螺鈿入り
税抜き価格34000円

沖縄・離島を除き、送料無料です。

喜多庄兵衛


【美しい地紋と風合い】
高岡で生産される鉄瓶の最大の特徴は、蝋型鋳造製法によって生み出される美しい地紋にあります。
  400年前より始まった長い鋳造の歴史のなかで、時に繊細に、ダイナミックにモチーフを再現する蝋型鋳造の確かな技術が、高岡の鋳物職人によって受け継がれ、作品となりました。

【耐久性と品質】
鉄瓶は、本体、弦、蓋と三つのパーツによるもので、そのいずれかが低品質である場合、使い勝手が悪くなり商品の寿命は短くなります。
喜多庄兵衛監修のもと,各パーツの製作と仕上げを熟練の職人が手をかけて丁寧に行うことにより、全体の耐久性と品質の向上をはかっています。

本体:鋳造ののち焼成と独自の着色仕上げで頑丈に仕上げます。
:鍛鉄により製作、そのフォルムと強靭なしなやかさは他に類をみません。
:重みある鋳銅製の蓋は高岡が得意とする仕上げ。使うほどに味わいある色合いに。

【価値あるものへ】
美しい金銀の象嵌もその特徴です。技術者が一つひとつ金属の表面に金銀の箔を埋め込み、豪華でいてかつ精緻な美しい作品に仕上げます。大量生産ではない、生活のお道具としての枠を超えた逸品を心をこめて作り続けています。

蝋型鋳造について
蝋型鋳造とは、蜜蝋、パラフィン松脂を主原料とした原型を作り、紙土などで幾重にも包んだのち乾燥させ,熱して中の蝋を流出させたものを焼成して型とし,その中に溶けた金属を注湯します。鉄瓶の場合は、中を空洞にするため中型を入れます。この時に注ぎ口も一体の中型を入れるため、型作り,注湯ともに熟知した技術者が行う必要があります。(鉄瓶の製造について)

蝋型鋳造の歴史
高岡における蝋型鋳造の歴史は古く,江戸時代の初期寛永年間(1624年)には既に蝋型鋳造の技術が確立されていたといわれています。 おもに小物鋳造の技術として、仏具類の製造に多く利用されていました。 蝋型技術は昭和49年(1974年)にその技術が国の無形文化財として選定され、 その10年後に国指定の伝統工芸品として認定されるなど貴重な技術として評価が高まります。
今日、蝋型鋳造技術は全国的に技術者が少なくなり継承が危ぶまれる伝統技法となりました。 しかし高岡においては街の歴史のひとつとして技術を守り受け継いでゆく土壌があり、今なお意欲的な作家のもと、多くの名品が生まれています。

庄兵衛

ページトップへ